店長インタビュー 丸山菜果

– まずは簡単な自己紹介をお願いします。

「丸山菜果です。HYBRIDTYLEに入社して3年目です。前職は住宅関係の会社で設計士としてお仕事していました。
雑貨や内装等インテリアが好きで設計士になったのですが、仕事をしているうちに自分のお店を持ちたい、今の時代やっぱりネットショップだなと考えるようになり、HYBRIDSTYLEの求人に出会い、ここでなら将来自分のお店を持つ時のための技術が学べるのではと応募して、今に至ります。」
IMG_7402
– ネットショップの店長というお仕事についてお聞かせください。

「HYBRIDSTYLEで店長は本当に多くの部分を任せていただけます。責任者でありデザイナーでもあり、バイヤーであり販売員でもある。いろんな角度から、様々なアプローチでお店を成長させていく、やりがいある仕事です。」

 

– お仕事は楽しいですか?

「入社前、想像していたより楽しいお仕事です。
より多くの売上を創りあげていくのが店長の仕事ですけど、その売上を構成する要素がたくさんあって。たとえばそれはお店のデザイン性だったり、商品の魅力だったり、お店を利用する際の安心感だったり本当に色々な要素があって、その全てが大事。少しの違いで大きな反応がかえってきます。それらを自分の判断でどんどん改善していき、いい結果が返ってきた時は快感です!!」

 

– 職場の環境はいかがですか?

「HYBRIDSTYLEの皆さんは元気一杯で一緒にお仕事していて楽しいです。いろんなタイプの店長がいますが、それぞれの個性を活かして店舗運営されていて、参考にさせてもらうこともたくさん。あとは有給が比較的自由に取れること・・・当然のことなんでしょうけどそれが難しい会社もたくさん知っているので有り難いですね。今度、ちょっと長期で母親との海外旅行を企画してます。」

 

– 入社からこれまでに、印象に残っていることは何ですか?

「ビジネス雑貨の運営を任されて、でも最初の半年くらいはなかなか結果が出なかったんです。今思えば何をどう頑張ればいいか分かっていなかったということだと思うんですけど、上司や先輩が一緒に悩み、たくさんアイデアを出してくれて。やる気を損なわず前向きに仕事を出来るようにサポートしてくれました。本当にそのおかげで店舗の売上がどんどん軌道に乗って、ネットショップ運営の楽しさを実感しながらお仕事できるようになりました。売上が伸びず悩んだこと、そしてそこから抜けだして自信に繋がったこと。仕事をしていて一番印象に残っていることです。」

 

– 今後の目標などお聞かせください。

「当面の目標はネットショップ運営のスペシャリストとして胸を張れるくらい、もっと実力をつけることです。どんな商品でもネットで売ることが出来る自分っていう自信。漠然としていますが、それが当面の目標です。」

– HYBRIDSTYLEのカルチャーについてどう感じていますか?
「仕事を楽しむ、プライベートも充実させるっていう感覚を皆で共有できているのがいいですね。仕事が上手くいくからプライベートが充実する。プライベートで得たものが仕事に活きる。HYBRIDSTYLEに来てからは、そんないいサイクルが出来ている気がします。」

 

– HYBRIDSTYLEではたらこうと考えている方へのメッセージをお願いします。

「ネットショップ運営のお仕事は楽しいですよ。難しいこともあったりしますけど、必ず出口が見つかりますし。やり甲斐と成長を仕事に求める方は是非HYBRIDSTYLEに来てください!」